不動産担保ローンの正しい選び方ガイド » 不動産担保ローンとは?知っておきたい基本のキ

不動産担保ローンとは?
知っておきたい基本のキ

そもそも不動産担保ローンって何?

不動産担保ローンとは建物や土地などの不動産を担保として銀行や金融業者からまとまったお金を借入るローン商品のことです。

利用するためには審査が必要で、担保不動産の評価額や借入者の支払い能力などにより融資金額や金利、借入期間などが決定されます。

ビジネス向け、個人向けなど対象が分けられていることはありますが、基本的に資金使途は自由で無担保融資と比べて数多くのメリットがあることから幅広い人に利用されています。

不動産担保ローンのメリット・デメリットとは?

メリット
借入金額が大きい
担保の価値によっても違ってきますが、億単位の融資を受けることができるので、個人利用だけでなく法人が事業などで巨額な資金が必要な場合にも利用できます。
低金利で利用可能
無担保ローンとは違って、不動産を担保にすることによって金融業者にとって未回収リスクが低くなるため、低金利で融資を受けることができます。
返済期間を長く設定できる
無担保ローンと比較すると、まとまった資金を借入しても20年、30年といった長期の返済期間を設定できるので、返済計画にも余裕ができます。
保証人が原則不要
担保不動産に抵当権が設定されるため、原則的に保証人が不要です。法人貸付で代表者が連帯保証人になることはあっても、第三者の保証人は求められません。
おまとめローンとして利用可能
低金利で借入限度額が大きいので、複数の借入を一本化するおまとめローンとして利用が可能。借金の管理や月々の返済が楽になります。
デメリット
利用時に諸費用がかかる
不動産を担保に抵当権を設定するため、無担保ローンとは違って不動産鑑定費用や印紙代、登記費用などの実費の他に事務手数料が発生します。
審査・融資の時間がかかる
不動産の担保評価を行うため、審査結果が出るのに数日、融資まではさらに1週間かかるということが多く、スピード融資が可能な業者は限られます。
返済できないと不動産を失う
担保ローンという性質上、当然のことですが返済ができなくなった場合には、担保物件は競売などで処分されて借主は不動産を失うことになります。

不動産担保ローンで
まず知っておきたいこと

銀行とノンバンクの違い
不動産ローンを利用する際に銀行とノンバンクではどういった違いがあるのかを解説。金利や審査期間・融資までのスピード、必要書類・審査方法といった項目で比較し、それぞれの特徴を箇条書きでまとめています。

銀行とノンバンクの違いについてもっと詳しく

担保にできる物件
一口に不動産と言っても様々あり担保として認められなければ不動産担保ローンを利用できません。遠方にある物件、家族が所有する不動産、築年数が古い物件など気になる条件の不動産の担保可能性について探ります。

担保にできる物件の違いについてもっと詳しく

審査・借入に 必要な書類
不動産担保ローンで融資を受けるためには、審査時と契約時に必ず揃えておかなければならない書類が多数あります。それぞれどのような内容でどんな目的で使用されるのか、どこに行けば入手できるのかを解説しています。

審査・借入に必要な書類についてもっと詳しく

必要な諸経費
無担保ローンでは発生しない諸費用・手数料が不動産担保ローンの利用時にはかかります。どういった種類の費用がどの程度必要なのかを把握するために項目をリストアップ。それぞれの金額の相場についても触れています。

必要な諸経費についてもっと詳しく

金利と返済シミュレーション
固定金利と変動金利の違いや実質年率の意味など金利の基礎知識について解説。また返済方法の種類の説明や元利均等返済と元金均等返済それぞれの返済シミュレーションを行い、完済までの利息差などを明らかにしています。

金利と返済シミュレーションについてもっと詳しく

他の資金調達方法との違い
不動産担保ローン以外の資金調達方法にはどのような方法があるのかをピックアップ。それぞれのメリット・デメリットを整理した上で、不動産担保ローンに最適な利用シーンや他の資金調達方法にない優位性を解説しています。

他の資金調達方法との違いについてもっと詳しく

失敗しない会社選び
融資で失敗しないための不動産担保ローン業者選びのチェックポイントを解説。違法・ヤミ金業者の見分け方や融資条件でどの項目に注意して借りればよいのか、インターネットを活用した調査方法などを紹介しています。

失敗しない会社選びについてもっと詳しく

ページ上部へ戻る