不動産担保ローンの正しい選び方ガイド » 不動産担保ローンを徹底比較 おすすめ融資会社はココだ!

不動産担保ローンを徹底比較
おすすめ融資会社はココだ!

不動産担保ローン業者を選ぶ4つの基準から徹底比較!

このカテゴリでは不動産担保ローン業者を選ぶ際に確認しておきたい4つのポイントから、おすすめの業者をピックアップして紹介しています。銀行系ローンと違うこれらの業者は、それぞれ利用者ニーズを汲み取った細やかなサービスを各社提供してくれています。また、業者によって設定している金利が違ったりもしますので、各社の金利を確認しながら気になる不動産担保ローン業者をチェックしていきましょう。業者選びのポイントは次の4つです。

不動産担保ローンを選ぶときの4大ポイント

低金利の不動産担保ローン

金利とは借りた金額に対して発生する手数料のような存在です。金利があるからこそ不動産担保ローン業者をはじめ、各金融機関がお金を貸してくれるわけです。例えば100万円を年利10%で借りた場合は、もし元本そのまま1年後に返済となった場合は金利手数料として1年後返済する場合は10万円分多く払うことになります。金利は固定のものもあれば変動制のものがあり、業者によってまちまちです。共通して言えることは金利が安い方が返済負担が少ないことがあげられます。金利が安い業者は融資条件が厳しかったりもしますので、条件も合わせて確認をしましょう。

続きを読む

実績の豊富さ

不動産担保ローン選び・業者選びでは、信頼できる業者から借りることが大切です。信頼できる業者の見分け方としては、設立から長い歴史を持っていることや取引件数などが参考になります。長く使用されていることは、利用している顧客から信頼を得ている証拠です。ただ、長い歴史を持っているだけでなく、取引件数も一緒に確認することで、多くの信頼を得ている業者だと判断することができます。さらに取引実績が多い業者であれば、柔軟に対応してもらいやすいのも実績の豊富な業者を選んだ方が良いと言える点です。

続きを読む

融資スピードの早さ

不動産担保ローンを使用する際、新規事業を始めるために借りるケースもあれば、資金繰りに困り急遽まとまった資金が必要になるケースなどが考えられます。不動産相続関連では相続税が発生するため、まとまった資金が必要になるという話を聞きます。不動産を売却するつもりもないので、不動産を担保にして相続税を支払うという用途もあるでしょう。不動産担保ローンはこのように用途を選ばず活用ができます。資金繰りに困った際にすぐに頼れる融資枠として、融資スピードの早さは業者選の重要な視点です。

続きを読む

手数料の有無

不動産担保ローンを使用する際、取引時に金利とは別に手数料が発生します。代表例として不動産登記費用、解約違約金などあり、不動産担保ローン業者によって設定されています。他にも業者に支払う事務手数料や融資手数料といったものがあります。これらの手数料はせっかく借りる融資金額を圧迫するものであり、極力費用を抑えたいところです。不動産担保ローン業者によては手数料が一切かからない業者もあります。手数料がかからない業者の場合金利がやや高めに設定されるケースもありますので、無料だからといって比較せずに業者を決定しないよう注意しましょう。

続きを読む

そのほかに比較しておきたい項目

不動産担保ローンの種類

不動産担保ローンには、2つの種類があります。それは事業性資金に利用できるものとそうでないものです。事業性資金に使えないものは、個人の教育費用や自動車購入、住宅のリフォーム、遊興費などに用いられることが多くなります。

一方で、事業性資金として使えるローンの場合には、個人事業主や法人の資金繰り、設備投資費用などに使うことも可能です。事業資金として利用できるものは、ビジネスローンの代わりとして使うこともできます。担保として不動産物件を用いるため、その人や企業自体が負債を抱えていたり赤字決算だったりしても、比較的審査が通りやすい点が魅力です。また不動産担保ローンでは高額の融資も可能となり、おまとめローンとして利用できるものもあります。

提供する金融機関の違い

不動産担保ローンは、金融会社によって提供されるローンのひとつであり、大きく分けて銀行とノンバンク系企業の2タイプの会社が融資を行っています。銀行とノンバンク系の企業による不動産担保ローンはそれぞれに違った特徴を持っているため、比較をすることで利便性の高いほうを選ぶようにしましょう。どちらにもメリット・デメリットがあるため、慎重な選択が必要となります。

都市銀行や信用金庫などで行っている銀行の不動産担保ローンでは、金利が低めに設定されており、審査は比較的厳しいことがほとんどです。また、融資が実際に行われるまでの期間が長いことも特徴のひとつ。金利が低いことは良いのですが、急いでいる人や不動産の価値を高く評価してもらいたい人には不向きとなります。

一方でノンバンク系の不動産担保ローンは、柔軟な審査と早い融資スピードが魅力です。独自の審査基準を持っており、保証会社での審査だけでなく、企業自ら審査を行うこともあります。比較的高い評価を出してもらえることが多く、銀行で断られた人でも審査通過する可能性がありますが、金利は銀行よりも高めの設定です。

銀行では融資までの期間として1ヶ月程度かかることもありますが、ノンバンクでは即日審査が行われ、1週間以内に融資が可能になることもあります。

不動産担保ローンの担保評価の方法

不動産担保ローンでは、担保となる不動産の評価が重要になります。評価の仕方としては、基本的に売却できるものであり、売却時にいくらで売れるかが見られるでしょう。担保の評価方法は基本的に大きく異なるものではありません。土地であれば路線価が基準となり、建物であれば再調達価格が基準となります。ただし鑑定を行う担当者によってどの点に注目するかは人それぞれであり、評価が変わることも少なくないものです。

また不動産の評価が同じであっても、融資可能となる上限金額の割合の設定が違えば金額も違ってきます。同じ不動産でも重視する点や担保評価は各社で異なり、上限金額の決定に使う割合も違うため、複数の不動産担保ローンを比較することが大切です。

ページ上部へ戻る